サイトマップをマインドマップで作成

ここでは、「サイトマップをマインドマップで作成」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハピテコサイトマップ ※当サイトを一望できます。

スポンサー広告 | Page Top↑
サイトマップ
※マインドマップの展開は上図をクリックしてください。


個人向けコンテンツマネジメントとしてのブログの機能のおかげでメールを書ける程度のITリテラシーがあれば、レイアウトやページ間のリンクやカテゴリーごとの分類などはすべてブログがやってくれます。これによりHTMLの知識がなくても、簡単にWeb上で個人が情報を発信できるようになりました。Web上で情報を発信しているのは企業であったりITリテラシーの高い一部に限られていたのが、ブログの登場により一気に情報発信のハードルが下がったことは革命的なことだと感じています。

というわけで私もブログやSNSで多数の情報を発信していますが、情報発信の成果物としてのブログに不満を感じる点があります。それは”過去の記事が参照しづらいこと””サイト(ブログ)の全体像が見えにくいこと”の二点です。一般的なブログのトップページには、最新の記事が数個表示されていて過去の記事はどんどん階層の深いところに埋もれていきます。ブログを見に来る人の多くは、気になるキーワードをGoogleなどで検索した結果表示されるページから遷移して同じブログの他のページを見にいくことは少ないのじゃないでしょうか?

この課題への対策としてよく見られるのが、ある記事の末尾に「この記事に関連する記事は、・・・・」のように関連する記事をリンクする手法です。興味を持ってその記事を見に来た人にとっては便利な機能となりますが、書く人の手間は結構かかります。また、”サイトの全体像が見えにくいこと”に対する課題の解決にはなりません。

この2つの課題を解決するために、当サイトでは”サイトマップをマインドマップで作成”することにします。マインドマップであれば、サイトの全体像を示しながら過去も含めたすべての記事へリンクすることが可能です。マインドマップの枝の近さで関連する記事もわかります。マインドマップを作成して公開できるMindMeisterを利用しているので、追記や修正した結果も簡単に反映されます。

当サイトはまだ記事数が多くないので効果はそれほどないですが、記事数が増えていくにつれて当サイトを見る人にとっての利便性が高くなると思います。また当ブログを書いている私自身にとってのメリットは、マインドマップを見ていることで次に記事にしたいアイデアが浮かんでくることだと思います。

当ブログのサイトマップは下記のリンク先からどうぞ!

ハピテコサイトマップ
※青字が個別記事です。灰色矢印をクリックすると個別記事に遷移します。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lifehackleveragelife.blog110.fc2.com/tb.php/9-67e645ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。