思考:ハピテコ流読書術(本を4回読む)

ここでは、「思考:ハピテコ流読書術(本を4回読む)」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハピテコサイトマップ ※当サイトを一望できます。

スポンサー広告 | Page Top↑
ハピテコ開発のための思考フェーズにて、以下に述べる読書方法によって”投資術”や”時間管理術”についての知識を増やしていくこととします。

元々読書は好きで歴史系を中心に小説などを読むことが多かったのですが、最近はハピテコのテーマに関する”時間管理”とか”手帳の使い方”などのLifeHack系や、”○○をしてお金持ちになる”とか”○年で資産を○億にする方法”などの投資系のビジネス書をよく読んでます。

この手の本は著者が試行錯誤の結果で得たノウハウがつまっていて、読んでいると「なるほどこれは使える!」と思う気づきが多いです。一方で「これは著者のおかれた環境だからできるのはないか?」など自分にはなじまなく思うこともあります。また同じテーマが、書く人によって正反対の評価がされていることもあります。

テーマを持って本を乱読することは思考フェーズにとっては有益ですが、ある本を読み終わって次の本を読み始めると、先に読んだ本の内容はどんどん忘れていってしまいます。せっかくいい”気づき”があってもそれを忘れてしまっては、ハピテコ開発思考フェーズのための読書とはなりません。

そこで、乱読しながらも1冊を大事にすることにします。1冊の本を読んだら自分にとってそこから有益な情報を抜き出して、思考の結果をあわせて蓄積していく。具体的には以下の手法で”読書”することとします。

[ハピテコ流読書術]
(1)読みながらピンときた箇所のページを折る
(2)本を読み終わったら折られたページの気になった部分を手帳に書き出す
(3)手帳に書き出された部分をマインドマップにまとめる
(4)マインドマップを見ながらブログ(ハピテコ)にその本から得た”思考”を書く


この4つのプロセスを読む過程で1冊の本を4回読むことになり、最終的にこのブログに思考の結果が蓄積されていくことになります。

(2)を手で書くことも重要だと思っていて、手で書くことによって視覚のみならず触覚を刺激することでさらに思考を促進させます。また手書きであれば、左手に本を持って右手でペンを持って書けることも効率的です。(PCだと両手でキーボードに入力するので、本を開いたりページをめくることができませんし。)

(3)のマインドマップは手書きではなくて、PCにてフリーのマインドマップ作成ソフトのFreeMindを利用します。手帳だとページを開いておけるので、キーボードを両手で使うことが可能です。またブログにもマインドマップをアップしようと思っているので、デジタルでマインドマップを作成します。

自分のテーマ(投資術や時間管理術)にてらして考えたことや、ヒントになったことを抜き出すことが目的なので、(3)や(4)では単なるその本のまとめ(書評)とならないように留意したいと思います。

今年の目標は、ビジネス書100冊を”ハピテコ流読書術”で読むことにします。

1年間が約52週なので週2冊のペースが必要です。年初から現在6週目なのですでに12冊を読まなきゃいけないですね。

どんどん当ブログへアップしていきます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ひさびさにトラバしました
(すっかりやり方をわすれていて、おそくなりやした)

あっしも100冊いきますよ
2008/02/14(木) 00:05 | URL | kawaji #-[ 編集]
>kawajiさん
お互い100冊がんばりましょうね!
2008/02/21(木) 22:51 | URL | 塩A #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lifehackleveragelife.blog110.fc2.com/tb.php/3-36e93632
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
今年の抱負は・・・ 本を100冊 映画を50本観る! (もっとたくさんあるけど具体的にはコレ) 去年は 本54冊、映画54本、CD54枚をめざしましたが結局31日に調べてみたら 本44冊、映画31本、CDわからずという結果に。 31日の夜にアメフトの同期仲間が 夫婦+子どもが4組...
2008/02/12(火) | laugh always
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。