「ひとりWiki」の使い方

ここでは、「「ひとりWiki」の使い方」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハピテコサイトマップ ※当サイトを一望できます。

スポンサー広告 | Page Top↑
前のエントリーで「ローカルWikiで自分用マニュアルを作る」ことを書きましたが、ここではローカルWikiソフトの「ひとりWiki」の使い方を解説します。



「ひとりWiki」の導入
<「ひとりWiki」およびプラグイン集のダウンロード >
http://www2u.biglobe.ne.jp/~MAS/soft.html
ここから「■ひとりWiki version 1.14.1」をダウンロードする。ダウンロードした圧縮ファイルを解凍して、”htwiki.exe”ファイルをクリックすれば「ひとりWiki」が利用できる。

上記と同じページから「■ひとりWikiプラグイン集 version 5」をダウンロードする。ダウンロードした圧縮ファイルを解凍して、プラグインファイル”*.dll”を、”htwiki.exe”があるフォルダの中にある”plugin”というフォルダに入れる。(”*.dll”は、”bold.dll”など17種類ある。)

<画像ファイルを挿入するプラグインのダウンロード >
http://members.jcom.home.ne.jp/komina/wiki/446F776E6C6F6164.html
ここから「画像ファイル挿入プラグイン ver0.5.1 (2007-01-20)」をダウンロードする。ダウンロードした圧縮ファイルを解凍して、プラグインファイル”image.dll”を、”htwiki.exe”があるフォルダの中にある”plugin”というフォルダに入れる。

「ひとりWiki」で利用する文法
※以下は、”YukiWiki風”での記載方法。通常は入力した文字がそのまま出力されるが、以下のルールに従ってテキスト整形を行うことができる。

<基本ルール>
連続した複数行は連結される。 空行は段落の区切りとなる。行頭がスペースで始まっていると、その段落は整形済みとして扱われる。 (HTMLのタグは書けない。)

<内部リンク>
[[文書名]]のように[[と]]で囲むと内部リンクになる。指定の文書が存在する場合はクリックすると該当文書が表示さる。指定の文書が存在しない場合は文書名の後ろに?が表示され、?をクリックするとエディタが表示されて指定文書の作成を行うことができる。

<文字飾り>
シングルクォート2個ではさんだ部分は、ボールドになる。
''太字''
シングルクォート3個ではさんだ部分は、イタリックになる。
''斜め''

<見出し>
アスタリスク(*)を行頭に書くと、大見出しになる。
*大見出し

アスタリスク2個(**)を行頭に書くと、中見出しになる。
**中見出し

アスタリスク3個(***)を行頭に書くと、小見出しになる。
**小見出し

<箇条書き>
マイナス(-)を行頭に書くと、箇条書きになる。
-箇条書きレベル1
--箇条書きレベル2
---箇条書きレベル3

<水平線>
マイナス4個(----)を行頭に書くと、水平線になる。
----

<引用文>
>を行頭に書くと、引用文が書ける。
>引用文

<用語の解説>
文字を(:)と(:)で挟むと用語の解説になる。
:用語:解説文

<表>
文字を(,)と(,)で挟むと表が作れる。
,1,2
,"3,1",4
※カンマ(,)混じりのデータはダブルクウォート(")で囲む

<ハイパーリンク>
http://www.mitsuifudosan.co.jp/のようなURLは自動的にリンクになる。

<強制改行>
&br()と書くと、強制改行できる。
強制&br()改行

<そのまま表示>
&verb()と書き()の間に挟んだ文字列は、そのまま表示される。
&verb(-文字列)

<マーカーを塗る>
&marker()と書き()の間に挟んだ文字列は、マーカーが塗られる。
&marker(文字列)

<文字のサイズの指定>
&size(数値,文字列)と書くと、指定した数値の大きさの文字になる。
&size(20,文字列)

<画像を表示する>
1.ひとりWikiで作成してるテキストと同じフォルダに、画像ファイルを保存する。(利用できる画像ファイルは、*.gif *.jpeg *jpg *png)
2.&image(画像ファイル名)と書くことで、画像を表示できる。
&image(サンプル画像.gif)

<ファイルへのリンク>
1.メニューの[設定][ひとりWikiの設定][表示方式]で「一時ファイル」を選択しておく。
2.ひとりWikiで作成してるテキストと同じフォルダに、画像ファイルを保存する。
3.&tag(<a href="ファイル名">ファイルの名前</a>)と書くことで、画像を表示できる。
&tag(<a href="サンプル.txt">サンプルファイル</a>)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/03/16(水) 18:43 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lifehackleveragelife.blog110.fc2.com/tb.php/24-6a61e1f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。