Webからの情報収集にかかせないソフト「紙 copi」

ここでは、「Webからの情報収集にかかせないソフト「紙 copi」」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハピテコサイトマップ ※当サイトを一望できます。

スポンサー広告 | Page Top↑
Webからの情報収集において活用しているソフトの「紙copi」を紹介します。「紙copi」は、Webページを簡単に取り込んで保存できるスクラップソフトです。

Webページを見ていて、「このページは後でじっくり読もう」とか「このページの情報は使えるのでメモしとこう」と思うことはありませんか?そういった場合は、ブックマークをしておくことが通常だと思います。しかしながらブックマークでは、ニュースなど元のページが消えていまうことがあることや、ブックマークが大量にたまると目的のページ探しづらいなどのデメリットがあります。

そこで効力を発揮するのがこの「紙copi」です。Webページを保存する手間も少なく、右クリックして「取り込む」を選択すればOK。画像入りのページもレイアウトも再現されます。元のページが消えてしまっても「紙copi」には残っています。「紙copi」では「箱」と呼ばれるフォルダをつくってファイルを管理できるので、Webスクラップを階層管理することができます。大量のスクラップも任意のテーマごとにまとめられるので、過去に保存した情報を探すのときにも便利です。

保存したWebスクラップを再利用することもできます。保存した複数のページを合体させたり、マーカーを塗るなど、加工することも可能です。

また、「紙copi」はちょっとした思いつきなどをメモしておくことにも使えます。テキストエディタとして利用できるのですが、ファイルの保存方法に特徴があります。エディタとして文字を書き込んでいけば、最初の行がそのままテキストのファイル名になり自動で保存されます。軽快に動作する「紙copi」を常駐させておけば、ソフト起動してからメモを書き込んで保存するまでに要する時間はほとんどかかりません。テキストを入力するためにキーボードを打つ時間+数秒でファイルが完成します。

紙copi」は資料を集めて、文章を書くということを効率的にできるツールです。このブログの原稿を書くのにも使っています。「紙copi」に、元となる資料をWebから集めたり、思いつきのメモを集めておいて、ひとつのフォルダに集約しておきます。そのフォルダにたまった情報を元に原稿を書いて、ブログの管理画面を開いてコピペして記事をアップしています。これによってブログの原稿がローカルPCに貯まっていくので、後から記事を修正するときにも便利です。

情報を集めるて付加価値をつけるという知的生産活動をPC上で実施するツールとして、「紙copi」はかなり使えますよ!



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lifehackleveragelife.blog110.fc2.com/tb.php/22-67b8870b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。