多読ランキング(10冊の内の上位5冊は・・)

ここでは、「多読ランキング(10冊の内の上位5冊は・・)」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハピテコサイトマップ ※当サイトを一望できます。

スポンサー広告 | Page Top↑
ハピテコ流読書術では、以下の4つのプロセスにて本を4回読んでいます。
(1)読みながらピンときた箇所のページを折る
(2)本を読み終わったら折られたページの気になった部分を手帳に書き出す
(3)手帳に書き出された部分をマインドマップにまとめる
(4)マインドマップを見ながらブログ(ハピテコ)にその本から得た”思考”を書く

今年の目標は「1年間で100冊(4)までやること」にしていますが、年初から10週目の現在ですがまだ完了したのは10冊どまり。
(1)23冊(2)14冊(3)13冊(4)10冊というのが、今日時点の進捗。ペースアップしていきたいところです。

ハピテコ多読ポイント=マインドマップの枝の数÷本のページ数×100

この式によって、読んだ本をランキングしています。(→多読ランキング

多読ランキングの上位の5冊を振り返りたいと思います。
それぞれ私にとっての”気づき”ポイントが、どこであったかを書き留めます。

第5位 レバレッジ・リーディング(32.16pts.)
本とは、試行錯誤の結果として成功した著者のノウハウが凝縮されたもの。そんな本を目的意識を持って多読して、自分の気づきをメモしていく。これが効率良く自分を成長させるフレームワークである。自分への投資として多読をすべしという考えに共感して、私も多読をやっています。

第4位 効率が10倍アップする新・知的生産術(32.47pts.)
知的生産性の向上についてたくさんのノウハウのつまった本ですが、私の気づきになったのは、「成果=知識×実施割合×定着率」という式。多読をして知識をつけるだけではなく、試してみて振り返り習慣化して初めて成果が生まれる。今後の活動の戒めになりました。

第3位 3時間で「専門家」になる私の方法(35.15pts.)
インターネットを活用した効率的な情報収集するための手法の具体的な紹介がされています。幅広く情報収集しながらも、気づきを起点に一気に深める。その繰り返しで短期間で専門家になれるとのこと。情報収集における指針となりそうです。

第2位 手帳進化論(48.19pts.)
人によって手帳を活用する目的は様々なので、究極の手帳は存在しない。手帳、パソコン携帯電話、Webツールの組み合わせが、「手帳スイート」と名付けられている。自分にとっての究極の手帳スイートを見つけたくなりました。

第1位 「無税」入門(64.35pts.)
サラリーマンで務めている会社の就業規則に副業が禁止されていない人にとっては、源泉されている所得税の還付を受けるチャンスです。著者の言う「無税装置」とは、給与所得黒字と個人事業所得の赤字を相殺して確定申告すること。確定申告の手間に比べて得られる金銭的メリットは大きいです。私の場合は会社の就業規則的に実践できないのが残念ですが。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lifehackleveragelife.blog110.fc2.com/tb.php/21-0a77198a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。