多読08:「無税」入門

ここでは、「多読08:「無税」入門」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハピテコサイトマップ ※当サイトを一望できます。

スポンサー広告 | Page Top↑

※マインドマップの展開は上図をクリックしてください。


「無税」入門―私の「無税人生」を完全公開しよう
著者:只野 範男


私はサラリーマンです。給与所得を得ていますが、源泉徴収という形で給与から税金が天引きされています。税金に対して疎い私にとっては、「節税」どころか「無税」を目指す本書は衝撃的でした。

著者が実践した「無税装置」は以下のようにシンプル。

1.サラリーマンでありながら起業する(週末起業レベルで可)
2.税務署に事業内容を届け出て個人事業主になる(サラリーマンと兼業)
3.給与所得の黒字と事業所得の赤字を損益通算するために確定申告
4.その結果として還付金を受ける


税に疎い私は「確定申告はめんどくさそうなので、しなくていいサラリーマンは楽でいい」と考えていました。自分がいくら源泉という形で所得税を払っているのかも知らずに・・

「源泉徴収という仕組みによって、入社から退職まで税金についていっさい頭を使う必要がなくなり、思考が停止している」と、著者が指摘しているとおりの状態でした。

1年うち数ヶ月分を税金のために働いていることを知った現在では、なんとかして節税をできないかと思っています。

残念ながら私の勤めている会社では、「許可なく他の営利事業に関係しないこと」と就業規則に書かれています。したがって、本書の「給与所得者+個人事業者として損益通算する方法」は、そのまま私のケースでは活用できないですが。

サラリーマンの節税は、ハピテコにおいても重要なテーマだと思います。引き続き研究したします。

この本を読んでやりたくなったこと
[税の知識をつける]
投資にて利益をあげたときにいかに節税できるかが重要。現在の私は「税金リテラシー」が低いので、税について全般的な知識をつける必要がある。

次に読みたくなった本
[サラリーマン×節税、不動産投資×節税]
源泉徴収されるサラリーマンにおいてどのような節税ができるのか?不動産投資した場合にどのように節税できるのか?多読にて学びたい。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lifehackleveragelife.blog110.fc2.com/tb.php/18-30a013c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。