試行:脳を開放するツール、マインドマップ

ここでは、「試行:脳を開放するツール、マインドマップ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハピテコサイトマップ ※当サイトを一望できます。

スポンサー広告 | Page Top↑
このブログでは、読んだ本の整理やサイトマップでマインドマップを利用しています。今回は、ハピテコ開発において重要なツールであるマインドマップを紹介します。

マインドマップに私が出会ったのはちょうど1年前です。この革命的な「ノート法」を仕事において活用することで、発想力が広がり知的生産性が向上するのみならず業務を効率化することが出来て、結果として新しい時間の創出にも役立っていると感じています。

マインドマップとは、英国の著述家で脳の研究者であるトニー・ブザン(Tony Buzan)とその兄のバリー・ブザン(Barry Buzan)によって、1970年代に提唱された「ノート法」です。
我々が小学生以来利用してきた従来の「ノート法」では、ノートの左上から直線的に階層ごとに文章や言葉を並べていきますよね。思考や記憶をする時の人間の脳の中では、あるコンセプトに多彩な概念やイメージが放射的に組み合わさっていくような動きをするそうです。そのため、従来の「ノート法」による直線的な記述は、実は脳の動きにはなじまないともいえます。そこで脳の動きにあわせた「ノート法」として編み出されたのが「マインドマップ」です。

「マインドマップ」では、紙の中心にキーとなるコンセプトを書き、そこから連想する言葉やイメージを放射的に結びつけていきます。このように脳の自然な動きに合わせることで、人間の発想力や記憶力を活性化させることができると言われています。

トニー・ブザンは以下の12ルールに従ったものが「マインドマップ」であると定義しています。

・無地の紙を使う
・用紙は横長で使う
・用紙の中心から描く
・テーマはイメージで描く
・1ブランチ(枝)=1ワード
・ワードは単語で書く
・ブランチは曲線で
・強調する
・関連付ける
・独自のスタイルで
・創造的に
・楽しむ!

生みの親であるトニー・ブザンに怒られそうですが、あまりこの12のルールにしばられる必要はないと思ってます。マインドマップを試すには以下の3点で十分でないでしょうか。

・紙の中心に議題やアイデアを書き円で囲む
・そこから放射状に線をのばして単語をのせる
・その単語からさらに線をのばし次々に連想される単語を書く


これらの繰り返しで、マインドマップは広がっていきます。

試して見ると、発想がどんどん拡がったり、頭の中がどんどん整理されていくことが体感できると思います。
言葉を次々と連想して書いていくためにはある程度の語彙が必要となりますので、自分自身のやりたいことや趣味に関することなどたくさんの言葉を書けそうなことから始めるのがよいでしょう。
マインドマップの中心から時計回りに順番に書くなどと考えてはいけません。脳の働きは直線的ではないのです。言葉が思い浮かぶのにまかせて、関連する箇所に思うままに書き込んでください。「脳を開放しているんだ!」と思いながら書くのがよいでしょう。

マインドマップの作成に慣れてくると、自分の頭の中にはこれだけの言葉を生み出す力があるのだと関心することができると思います。「考具」で紹介されていたマンダラートもそうですが、脳は空白があると無意識に埋めたいと感じるようです。勢いでマインドマップに言葉を書き込んでいったら、一度手を休めてマインドマップの全体を眺めてみましょう。あまり書き込めていない(発想が拡がっていない)部分を埋めることのできる言葉が出てくるはずです。

マインドマップには以下の効果があります。

・頭の中の情報を整理できる
・整理することによって記憶力が向上する
・頭の中の情報を視覚化できる
・視覚化することによって発想力が向上する


一方で、マインドマップは以下の点が苦手だと感じています。

・他人の作った複雑なマインドマップは、作成者の解説なしには理解するのは難しい
・対立概念の比較や数値の動きは、表やグラフにしたほうがわかりやすい

このように、マインドマップ自体をアウトプットとして利用するには適さないこともあります。アウトプットとしては、文章でまとめたり図表で示したほうが伝わりやすいケースがあるとも思います。しかしながら、どのようなアウトプットを作成する場合でも、その思考の過程においてはマインドマップを活用することはできます。レポートの構成を練ったり、比較表を作成する場合の対立概念を何にするのかを考えたりすることには、マインドマップによる思考が効果を発揮します。

仕事における具体的な活用事例や利用しているツールの紹介はまたの機会に書くことにします。是非、マインドマップを試すことで脳を開放する感覚を味わってみてください。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lifehackleveragelife.blog110.fc2.com/tb.php/13-2ffd5334
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。