思考:読書

ここでは、「思考:読書」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハピテコサイトマップ ※当サイトを一望できます。

スポンサー広告 | Page Top↑
9784774127286.png
※マインドマップの展開は上図をクリックしてください。


Life Hacks PRESS
~デジタル世代の「カイゼン」術~
田口 元 , 安藤 幸央, 平林 純, 角 征典, 和田 卓人, 金子 順, 角谷 信太郎 (著)


ストレスフリーで仕事をこなすためのTipsが詰まってます。

本書はLifeHackの入門書としても最適ですね。LifeHackとかGTDとかマインドマップとかRSSリーダーとかって言葉を聞いて「意味不明だ」と思った人で、仕事を効率よく進めるために努力をいとわない人にはかなりオススメ。初心者にわかりやすくまとめられています。(2年前の本なので、Googleサービスの章の情報は古いですが。)

私はこの手のLifeHack関連オタクなのですが、本やWebでの情報収集では個別のジャンルで詳しくなっています。初心者向けのこの本にはコンパクトかつ網羅的に書かれているので、頭の整理+知らなかった情報の補完になってよかった。

LifeHackとはちょっとずれる気がするのですが、「プレゼンが簡単にうまくなる」という章があってこれがおもしろかった。

プレゼンの心構えとして「いつも、短く、単純にする」ことが重要なのですが、それを「KISSの原則」と呼ぶそうです。

Keep it short,stupid.
(短く、サルでもわかるように)
Keep it short and simple.
(短く、単純に)
Keep it simple and strait-forward.
(単刀直入に)
Keep it small and simple.
(小さく、簡単に)

これらの頭文字をとって、「KISSの原則」とのこと。

ただし短すぎて説明不足になってもダメで、「説明は女性のミニスカートだ」とのこと。

Sentence length is like a girl's skirt:
(文章の長さは女性のスカートみたいなものだ)
the shorter is better,
(短ければ短いほど、いいけどさ・・・)
but it should cover the most important parts.
(「大事な部分」はちゃんと覆わなきゃダメだろ)

なるほどね。

この後、プレゼンの資料の作り方や発表時に魅せる方法の説明になります。

章の出だしでキャッチーな話題でつかんで(男だけだろうけど)、その後にどんどん引き込んでいくすばらしい文章構成でした。
この章を書いている平林純氏は「理系のための プレゼンのアイディア」なる本を出しているみたいなので、読んでみようと思います。

この本を読んでやりたくなったこと
[GTDフローチャートを「守破離」]
この本の中で紹介されていたのですが、「守破離」とは日本の伝統芸能や武道での心構えだそうです。最初はルールを「守」り、自分なりの工夫を加えてルールを「破」り、最後はルールから「離」れて自分なりのルールに従うという意味。GTDのフローチャートが紹介されていて、TODOの整理に活用できそうだと思いました。まずはそのチャートをそのまま使ってみて、その後自分なりのチャートに修正・変更してみたいと思います。

次に読みたくなった本
[Life Hacks PRESS vol.2]
著者が変わって内容も変わって、パート2も出ているみたいですね。こちらは今年の4月に出たばかりの新しい本の様子。買わなくては。


スポンサーサイト
9784478000519.png
※マインドマップの展開は上図をクリックしてください。


タダで自宅を手に入れるスゴイ方法
~収益マイホーム~
日本ファイナンシャルアカデミー


「収益マイホーム」とは、自宅部分50%賃貸部分50%の建物を新築して、家を所有しながら家賃収入も得ることの出来る一挙両得な住宅です。

自宅部分50%とすることにより住宅ローンが利用可能となり、不動産投資ローンより借入金の金利を安くできるという点がポイントだそうです。住宅ローンは、自分で居住するための不動産購入のためのものであって不動産投資には利用できないと思っていたので、不動産投資に住宅ローンを利用する本書の「収益マイホーム」は目から鱗でした。

タイトルにある「タダで自宅を~」というのは大げさな気がしますが、借入金の金利と賃貸部分の家賃収入がバランスする物件というのは魅力的ですね。私は現在賃貸に住んでいて、収益を生む資産も自宅も持っていません。「自宅が欲しい」と「収益物件を欲しい」の二つの希望をかなえる「収益マイホーム」は、私にぴったりの物件である気がしてきました。

本書では「収益マイホーム」を建てるための、「土地の探し方」「建築費を抑える技」なども紹介されています。私にとって1500円の価値は十分ある本でした。

この本を読んでやりたくなったこと
[「収益マイホーム」作りのプロセスを洗い出す]
どのような物件にするのかを検討し、それに適した土地を探し、建築のためのプランを練る。どのようなプロセスが必要なのかを洗い出して、足りない知識を研究したいと思います。

[ハウスメーカーで売られている賃貸併用住宅を調べる]
賃貸併用住宅は様々なハウスメーカーから売られているそうです。自分で建てることを検討する前に、実際売られているものを調べてシミュレーションしてみたい。

次に読みたくなった本
[坪30万円からできる デザイナーズ・アパート経営]
まだハピテコには書いていませんが、すでに購入して読み終わった本です。「収益マイホーム」と組み合わせるとおもしろいかも。


9784887596139.png
※マインドマップの展開は上図をクリックしてください。


世界一愚かなお金持ち、日本人
著者:マダム・ホー


高校から渡米して華僑の夫と不動産投資で成功をした著者の、投資に関する心構えが書かれた本。投資リテラシーの低い日本人に向けてのメッセージです。

本書によると・・・

キャッシュ社会の日本では「今いくら持っているか?誰を知っているか?」が重要であるが、クレジット(信用)社会のアメリカでは「借金をきちんと返してきたか?約束を守る能力があるか?」が重要であるという。さらに人相社会の中国では「人相や人となり」が重要であると。極端ではあるが、各国別の信用に対する考え方の比較がわかりやすい。

アメリカ人は「よい借金なら大いに結構!」とのことで、「借金を払い終えるよりも借りなおす」ことを選択するそうです。自己資金が少なくて良い不動産投資ではレバレッジを効かせた投資が出来るので、著者は不動産投資を選んだとのこと。

「賢いお金との付き合い方」や「お金持ちになる人の心の法則」などたくさんの投資に関する心構えが出てきます。その中味はマインドマップで確認してください。

それぞれご説ごもっともであるのですが、「華僑とユダヤ人、アメリカ人大富豪に学ぶ」とのサブタイトルにひかれ「すごいことが書かれているのか!?」と期待して本を買ったのでちょっと期待はずれでした。

この本を読んでやりたくなったこと
[お金で買えないものを知る]
「お金で『家』は買えるけど『家庭』は買えない」
「お金で『時計』は買えるけど『時間』は買えないetc.」
成功の三原則のひとつの「お金で買えないものを知る」の具体例として紹介されていた言葉です。『地位』と『尊敬』や『本』と『知識』などいろいろ例が紹介されていましたが、自分でも言葉の組み合わせを考えたくなりました。

次に読みたくなった本
[不動産投資の実践的な本]
不動産投資には興味を持っていましたが、この本を読んでさらに試してみたくなりました。より実践的な本を読みたいと思います。


※マインドマップの展開は上図をクリックしてください。


効率が10倍アップする新・知的生産術 自分をグーグル化する方法
著者:勝間 和代


効率アップのエキスパート勝間氏の本は、様々なテクニックがわかりやすく書かれています。コンパクトかつ具体的なので読みながらどんどん知識がついていく気がして、スピード感を感じながら読めますね。

知的生産に関するLifeHack系の本は数多くありますが、勝間氏の本は”健康”の重要性をとりあげているのが特徴的だと思います。効率アップの結果としてお金持ちになったり時間を作ることができても、それを享受できる健康がないと意味がないですよね。

勝間氏の著書を読むのは2冊目でしたが、今回はサブタイトルの”グーグル化”に反応してこの本を選びました。「グーグルに負けない高い知的生産性をつけよう!」というメッセージであると受け止めましたが、新しいWeb2.0系のテクニックの紹介があると期待して選んだ私にとってはちょっと期待外れでした。

勝間氏もインプット力を高めるための読書の重要性を説いています。しかしながら、本サイトで実践している多読のきっかけになったレバレッジ・リーディング本田氏の多読の方法とはちょっと違いますね。

勝間氏の多読
スピードが最優先なので、フォトリーディングで読む。読んだ本のまとめなどは時間がかかるのでしない。文字を追ってしまうと全体像が見えづらくなるので、線を引きながら読むこともしない。

本田氏の多読
線を引きながら、メモを書き込みながら本を読む。読んだ後でまとめる。重要な箇所はメモに書き出してまとめておき、そのまとめを振り返る。

勝間氏ほど”グーグル化”されていない私が勝間流の多読をしても、読んだ本の知識が右から左と消えてしまいそうです。私は本田流読書術からヒントを得た”ハピテコ流読書術”を続けることとします。

この本を読んで一番感銘を受けたのが、以下の式です。

成果=知識×実施割合×定着率

どれだけ多くの知識を得てもそれを実施しなければ、現在の生活は何も変わらないですよね。ドラッカーの「情報の目的は知識ではない。正しい行動である。」 という言葉を思い出しました。何かを実践しても一度限りで終わったら、効果もその一度きりです。「正しい行動」を習慣化するまでやり続けて初めて、大きな果実(=高度な知的生産)を得ることができます。

この式に出会ったことだけでも、「新・知的生産術」を読んだ価値がありました。

この本を読んでやりたくなったこと
[フレームワークを意識する]
情報の入手において本質的に必要な1%を見極めるすべの1つとして、「フレームワーク力」が紹介されていました。インターネット時代の今は、多くの情報を集めることは簡単です。多くの情報から必要な情報をピンポイントで抜き出せる能力が重要です。そのためのフレームワークとは何かを考えたいと思います。

次に読みたくなった本
[禁煙セラピー]
知的生産の6大危険因子のうちの1つに”禁煙”があげられていました。私は喫煙者ですが、なかなか禁煙のきっかけがなく喫煙を続けています。そろそろ禁煙も考えようかなと。(我ながら、歯切れが悪い・・)



※マインドマップの展開は上図をクリックしてください。


結局「仕組み」を作った人が勝っている
著者:荒濱 一, 高橋 学


経済的自由を生み出す「仕組み」の事例がコンパクトにまとめられています。著者が自らの体験を基に書いたいわゆる成功本とは違って、著者による成功者へのヒアリングに基づいて第三者的立場から整理されているので読みやすくわかりやすい。

その裏返しではあるのですが、成功者本人の著書のような”あつさ”が足りなく感じられて物足りなく感じました。週末起業などに興味を持った人が初めて読む本としては、「こんな事例があるんだ!」という気づきなっていいのだと思いますが。この手の本を読みあさっている私にとっては、気づきは少なかったです。(結果としてハピテコ多読ポイントも低い・・)

テクニック編としてインターネットビジネスに書かれたくだりは、具体性に乏しくあまりインターネット関連について詳しくないのかな?という印象です。

本書の最終章の気づき編は価値があります。取材で会った成功者たちに共通する印象がまとめられています。以下に引用。

「仕組み」作りに成功した人の特徴

・行動、行動、即行動
・小さく始める、週末起業で始める
・長期的な視点を持って継続
・今のセルシオより明日の「仕組み」
・発想の連鎖(常に頭はビジネスのこと、メモ魔)
・マスコミ露出で信用をつける
・鎖国を解け!世界を目指せ!


肝に銘じておきましょう。

この本を読んでやりたくなったこと
[世界を目指せ!]
世界相手のインターネットビジネスの事例が紹介されていた。ニッチな商品を売るには、日本のみではなく世界相手ならパイが広がる。せめて英語を読めるようになりたい。

次に読みたくなった本
[成功者が必ず読んでる本]
「金持ち父さん貧乏父さん」ロバート・キヨサキ、「ユダヤ人富豪の教え」本田健は、どうやら成功のための必要条件の様子。読まなきゃ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。